「アマゾンツール China Gateチャイナゲート」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

今日は「アマゾンツール China Gateチャイナゲート」
についてレビューします。

 

販売者 ドアーズジャパン株式会社 下村洋史
 住所 福岡県福岡市博多区千代2−22−8 一豊ビル202
電話番号 050-3748-6884
販売URL https://www.chinagate.jp/lp/amatool/

 

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

 

こちら、

BMCという馬橋裕紀氏が運営する物販コンサルティングプログラムに加入している方限定で購入できるという、
Amazon無在庫販売管理ツールです。

 

BMCというと、

  • 15名限定募集
  • 1ヶ月目、15万円
  • 次月から1年間サポートで40万円
  • 中国から仕入れ、Amazonやヤフオクで販売
  • 動画コンテンツで提供
  • 課題提出式
  • 課題提出ののち週1の1〜2時間のコンサル実施

という、転売コンサルコミュニティですが、
40万円もの大金でコンサルをスタートさせているにも関わらず、
この 「China Gate」というツールをさらに生徒に購入させるというのは
余りにも「金にがめつ過ぎだろ」という印象です。

コンサルの他に購入する必要のあるツールが存在するのであれば、
その事をあらかじめLPに明記するべきですし、
コンサルティングで「このツールも導入すべきだ」
と言われれば、
払った40万円を活かすためにコンサル生は購入せざるを得なくなるでしょう。

これは人の心理的な「弱み」に付け込んだ、悪質な販売方法であると感じます。

そもそも「15名限定」募集が始まってそれなりの時間が経過しているにも関わらず、
飽和の兆しがないという時点で
馬橋氏の信用がないのが分かります。

 

そして、

この「China Gate」というツールのみ
インフォカートで売上上位にランキングされているのは、おかしな話です。

BMCに加入していなければ購入出来ないツールであり
そのBMCがたった15名の定員にすら達していないのに、
ツールが売れているなど、矛盾しています。

この事から、インフォカートの売上ランキングは情報操作されたものであり
このツールは集客率の悪いBMCというコンサルコミュニティに誘導するための
「ただの広告」であると推測できます。

 

さらに、

「ツールのサポート期間は3ヶ月」

との記載がありますが、
BMCのサポート期間は1年間です。

このツールを導入してBMCのコンサルコースを進めて行くのなら、
サポート期間はBMCと同じ1年間であるべきです。

BMCにあるとされる「1ヶ月お試しコース」に入会して
このツールを導入した場合でも、3ヶ月のサポートが受けられるという事でしょうか?

その際、何のサポートなのでしょう?

ツールを使った転売方法を伝授してくれるという仮定は
BMCのように高額になると予測できますから可能性として低いですし、
ただのツールの使い方ガイドでしょうか?

意味不明です。

LPのツール説明も簡素で内容を理解できず、
その記載の仕方の詰めが非常に甘い事から
この事からも「広告として販売し始めたツール」
として判断して間違いないでしょう。

 

BMCというコミュニティも、

100名以上の顧客の結果を出し続けたと謳う割に、
「稼げたというリアルな口コミ」が全然出て来ないんですよ。

本当に価値ある稼げるコミュニティならば
隠そうとしたってどうしても優良な口コミが露見してしまうものですが、
その口コミが全く見つからない。

この時点でお察しであろうと思います。

 

そして、

無在庫販売も、
転売市場において規制の流れが激しくなっています。

メルカリにおいては無在庫販売はすでに禁止されていますし、

Yahoo!では、2017/3/24付で、
「Yahoo!ショッピングで注文を受けた情報を元に、amazonやフリマアプリにて注文を行い商品を発送する行為を禁止行為として規約に明記する」との連絡が、出店者に対しされています。

楽天では、
2017年2月にガイドラインを改定し、
FBAマルチチャネルを利用し正規な方法でAmazonから発送している業者に対し、
箱の伝票や納品書などに「楽天市場」からの発送であることを明記すること。と規定しています。

 

Amazonは…、

無在庫販売については問題視してはいるものの、
規約を濁すような形で対応しています。

マーケットプレイス規約からの抜粋ですが、

『遅延配送や、見込み出品の禁止 Amazonマーケットプレイスで出品されている商品は、注文確定日後2営業日以内に発送してください。』

との文言があります。

見込み出品という解釈を、
「無在庫商品」と置換して考えて良いのかという話になりますが、
この定義についてAmazon側は言及していないため、
判断することが出来ません。

すなわち、無在庫販売をしている業者に対して、
逃げ道を残しているという事ですね。今のところは。

しかし、無在庫販売についての過去の問い合わせを確認して見ると、

2014年:
<質問>ドロップシッピングや確実に発送できるのであれば無在庫でも良いか?
<回答>厳に慎んでください。店舗にて保有する数量を在庫としていただきますようお願いします。

2016年:
<回答>お客様にお約束されている配達期日までに確実に配送いただけるのであれば問題ございません。

2017年:
<回答>無在庫だから即違反となるわけではありません。

と、回答があっちこっちとブレまくっており、
Amazonとしての判断が付き兼ねている事が読み取れます。

 

しかし、

世の中の流れはメルカリにしても、楽天にしても、Yahoo!にしても、
確実に「無在庫転売排除」の流れになっており、
追い追いはAmazonも重い腰を上げて無在庫販売を規制する方向になると思います。

 

結論として、

「China Gate」というツールは色々と悪質ですし、
無在庫販売の未来自体が危ういものなので、
オススメ出来ません。

40万円の授業料+3万円強のツールを購入するのでしたら、
10年後に繋がるビジネスをして頂きたいと思います。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA