「ジモティー」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

昔々、「トリビアの泉」という番組があったの覚えていますか?

その中で、非常に僕が印象的でへぇ!へぇ!!と言いまくっていたのが、
「パソコンのマウスの移動距離の単位はミッキーである」
というものです。

マウスに合わせてこの矢印くんが0.3mm移動すると、1ミッキー。
1cm移動すると、3ミッキー。

なんて愛くるし単位なんでしょう。笑
プログラマーの遊びココロに感謝ですな。

 

さて、雑談はおいといて、今日は
「ジモティー」について、その危険性をまとめてみましょう!

 

販売者 株式会社ジモティー
責任者 加藤貴博
住所 東京都品川区西五反田1-30-2 ウィン五反田ビル4階
電話番号 03-6303-9258

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください

 

ジモティーとは、
不用品の譲り合いのための、地域密着型掲示板です。
無料譲渡が基本ですが、一部は金銭のやり取りを経て購入します。

今、ここで詐欺被害に合われる方が急増しています。

 

まずは口コミから。

「詐欺にあいました。 
品物届きました?とメッセージの通知があったので 
確認したら投稿削除、退会済みでした。」

「私も詐欺被害にあいました 
パソコンのお金5万円入金したら 
品物送られず、音信不通 
警察では民事不介入で被害届拒否 
ジモティ運営は相手の連絡先を 
教えてくれず泣き寝入りです 
悔しいです・・・・ 」

「警察に行き話しましたが、相手側が商品を送る、返金すると口だけでも言ってる以上被害届としては扱ってくれませんでした。 」

「一昨年の11月にジモティーで出品した物でトラブルにあいました。大門駅のホームで恐喝にあい、母と自分は正座させられ恐喝にあいました。4万取られて次の日に警察署に行き被害届けを出して来ました。もう、あんな酷くて恐ろしい出来事は思い出したくないです。 」

「3000円も払ったのにその日に取引した物が壊れたから、事情を話して返金を求めると『動作確認してるし、壊れるわけないから返金しません』って、こっちを悪者にするような口調。 
しつこく返金を求めると逆ギレ。 
ウルセェ!関係ねぇ!テメェが潰したんだろ!など恫喝。 」

このような被害が続出しています。

 

ジモティーのリスクとは。

ジモティーの美点でもありますが、「誰でも手間をかけずに出品出来る」というところに、まず危険が潜んでいます。

従来のオークションサイトでは、しっかりした出品者の利用審査があったため、利用者が安心して購入できていました。
しかし身分の保証なしに出品することが出来るジモティーは、詐欺目的での登録や解除がはなから可能で、アカウントもいくつも保持出来ることから、いわば詐欺師からすれば非常にやりやすい「仕事場」として選ばれてしまったのです。

また、ジモティーの推奨する「直接取引」についても疑問があります。

ジモティーのサイトには

「人気のない場所での取引は危険ですので、駅や商業施設など人気の多い場所で取引を行ってください。家に取りにきてもらう場合は、家族や知人などに同席してもらいましょう」

とありますが、
これは「犯罪に合わないように警告している」わけで、
裏を返せば、「犯罪行為が起こることをはなから見越している」ということでもあるのです。

 

さらに…

ジモティーのメール機能がメールとして機能していない。
という問題も起こっているようです。

「直接のメールアドレスの交換は出来るだけ控えましょう」
「やり取りはジモティー内の代理メールを利用するように」

と注意喚起していますが、
メールが届かない、返信が出来ない。
など、メールのシステム自体に不備があることが指摘されています。

 

電化製品のトラブルが目立って頻発しているのは。

家電はその場での受け渡しに不備がなくとも、実際家に帰って動作確認してみないと不良品か否かの判断かできません。
不良品だと分かって出品者に連絡を取ろうにも、アカウント自体が消滅していたら購入者はその後どうすることも出来ません。

その点のフォローアップがサイト内に明言されているかと言えばされておらず、書いてあるのは
「相手ユーザーに内容証明を送付して下さい
「相手ユーザーに対して商品の送付や返金などの依頼をし、トラブルの解決に向けて引き続き交渉を行ってください。」
のみです。

これはようするに「出品者と購入者で解決しろ」との意味です。

アカウントの消滅に始まり、出品者の住所が架空のものである場合は、それ以上購入者に取れる手段はありません。

出品者の情報の公開などを購入者が求めても、
従来のオークションサイトとは異なり保証がないため、
「応じてもらえない」などの運営側の不誠実な対応さえあるのが実態なのです。

 

結局のところ。

事実として泣き寝入りを強いられる購入者が多いようです。

掲示板とはいえ、金銭のやり取りが発生する場ですので、運営側には詐欺を予防する手段を講じて欲しいものですが、それを期待していても仕方ありません。

詐欺被害にあってからそれをとり返すのは、至難の技です。

利用するしないの決定権はあなたにあるのですから、予防するとしたら、このタイミングしかありません。

こういった掲示板を利用するときは、悪い言い方になりますが、
「安かろう悪かろう」をしっかり覚悟して利用するしかないのでしょう。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA