「ジャングルエンタープライズ 電脳せどりツール 大田賢二」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

ずっと都心にいるせいか、田舎暮らしへの憧れがスゴイです。
沖縄か北海道がいいなぁ。
沖縄は海が綺麗で、時間がゆっくり流れる雰囲気が好きで、
北海道は寿司がうまい、あと雪が降るのを眺める時間が好きです。

自然の中にいると動物に近くなる感じがして、安心するんですよねー。

 

さて、今日は
「ジャングルエンタープライズ  電脳せどりツール  大田賢二」
について、レビューします!

 

販売者 株式会社オタケン  大田賢二
 住所 東京都千代田区神田佐久間町1丁目8番4号アルテール秋葉原708
電話番号 080-1264-9014
販売URL http://jungleotaken.com/ca/

 

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください

 

こちらは、

「Amazonと他のネットショップでの、商品の価格差をメールしてくれるツール」
です。

有名どころの「サヤ取りせどらー」と同じ機能ですね。

「目指したのは“まず無理”“ほぼ無理”や“絶対不可能”というレベルの作業を
ツールで全自動化させたいということです。」

とありますが、
自動になったのは、価格比較だけでしょう?
先発商品はすでにあるのに、誇大すぎます。

 

まず、

高い。

月額制にする意味がわかりません。売り切りでいいじゃない。

利ざやの大きい商品は、すぐ在庫切れになります。
競争率高いですから、早いもの勝ちです。

いつもモニターに張り付いて、
利ざやの大きい商品のアラートと共に飛び出し、ライバルより早く、仕入れ。
って現実的じゃないでしょう。

せどりが本業ではなく副業の方ならば、
「月額回収して、初めてスタートライン!」という毎月の意識が重荷になります。
副業して金銭的に余裕を得たいのに、精神的に余裕なくしたら意味ないです。

 

 

そもそも、

「価格差がある=売れる」
ではありません。

Amazonの価格が適正でないことは、普通にあります。
Amazon出品者も人間ですから、
必ずしも適正価格で売り出しているとは限らないんです。

適正価格でないものは、売れません。
仕入れた後そのことに気付いても、
ただ不良在庫を抱えるだけ。あるいは適正価格に直して再販=利ざやは極端に減る。
というルートを辿ることになります。

 

あ、でも

ジャングルエンタープライズには、
「Amazonでのその商品の売れ行きが、全商品中何位なのか、教えてくれる機能がついている」んでしたね。
売れているかどうか調べてから仕入れ、というのが可能なんでした。
すみません失念してました。

ですが、それをいちいち調べていたら、余計に時間との戦いになりますね。
価格差があり、売れる!と確実に思える商品は、ほぼないですから、
これ本当に売れるかな?どうだろう?
と悩んでいる間に在庫がなくなる可能性が十分あります。

 

結論として、

僕はおすすめできません。

価格差のある商品を出品して、少しでも楽に利益を増やしたい。
と考える気持ちはわかります。

でも、
価格差が大きい商品を少数売るのと、
価格差は少ないが商品を多く売るのでは、
どっちがトータルの利益を多く上げることになるのか、分かりませんよ。
向き不向きもありますから、よく考えてから購入なさって下さい。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA