「天底チャート MT4 メタトレーダー用FX売買サインツール 小林憲司」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

音楽の方の繁忙期とネットの方のビジネスが重なって、すごくバタバタしています。

週末は飲みに出ることが多かったのですが、もう何週間行っていないやら…。
リアルな友達がいなくなりそうです。

みなさんも年末は忙しいでしょうね。
自愛しつつ、気を引き締めつつ、お互い良い正月を迎えましょうね。

さて、今日は「天底チャート MT4  メタトレーダー用FX売買サインツール  小林憲司」
についてレビューします。

販売者 株式会社ケンコンサルティング 小林憲司
 住所 東京都世田谷区成城8-31-9-303
電話番号 03-6411-9123
販売URL http://shozai.info/cart/tensokoMT4/

 

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください

 

まずはセールスレターより

明確な動きがでたら
緑、赤のサインでエントリー!
白のサインで利確!

たった2ステップです。

決して安くはないものを購入するのに購入するまで
中身がわからず不安な方も多いと思います。

その不安を解消するため、
『天底チャートMT4』の中身を事前に十分理解して納得していただけるよう 
マニュアルの全てを公開しています。
(http://shozai.info/tensoko/MT4/T001manual.pdf)より

マニュアルを公開しており、手法がある程度わかるところは、素晴らしいです。
使っているインジケーターも分かる。自信があるんですね!

 

細かく見ていきましょう。

天底チャートは、その名の通り、天井と底を見分けるための分析ツールです。

具体的には「ストキャスティクス」「RCI」「移動平均線」の3つを組み合わせたもので、
メインは「ストキャスティクス」ですね。

それらを複数本重ねて表示し、収縮と拡散を判断材料にします。

「複数のRCIやストキャスティクスの束が下限で収れんし、交差のあと、上向きに拡散を始める時、それに加えて移動平均線の帯の上にローソク足が出た時は、買い転換。
逆に複数のRCIやストキャスティクスのやばが上限で収れんし、交差のあと、下向きに拡散を始める時、それに加えて移動平均線の帯の下にローソク足が出た時は、売り転換。」

束の幅の変動、方向からチャートの天と底を見分けるワケですね。

 

正直これは…

初心者には難しいです。

例えばエントリーのタイミング。
エントリーが完全裁量ではないのです。

「明確な動きがでたらシグナルに従ってトレードを行う」
とありますが、
「明確な動き」についての記述がないのでこの辺りは裁量判断になります。
複数本のRCI、ストキャスティクス、移動平均線の動き自体を学び、総合的に判断する必要があるのです。

初心者には難しいでしょう。

 

天・底を完全に捉えることはできない

移動平均線やRCIとは、過去のローソク足の動きを平均化しているので、
常に遅効性があります。
急なトレンド変化には対応できません。

ようするに、ローソク足が天・底をつけてから、遅れて移動平均線やRCIが天・底をつけることになります。
大体の天・底が分かるだけということです。

これは天底チャートに限った話ではないので、今後のインジケーターの課題になります。

 

バックテストの結果は、


1年でたった197回のトレード
であることが気になりますね。
データがもう少し欲しいです。
年利17%というのも微妙な数字です。

リアルなフォアードテストではなく、MT4でのバックテスト結果なのも気になります。
これが実際かどうか、判断できないからです。

 

結論として…

こちらの商材は、もう少し様子見したいです。

ですが初心者の方には全くオススメできません。
年利17%だと、おそらくマイナス月が発生しています。
トレードにはメンタルの強さも必要ですが、訓練していない初心者の方に
マイナス月が連発する状況が耐えられるとは思えないからです。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA