「新世界YouTubeマーケティング 平野久信」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

「頭は使わないと悪くなる」と言いますが、
実際は脳細胞や神経細胞が減ることが主な原因ではないようです。

神経細胞は使うと年齢に関係なく増えますが、
使われないと萎縮して、機能を低下させます。
神経細胞自体は確かに20をピークに減りますが、そのスピードはかなり緩やかで、
150歳でもマックス総数の2/3ほどにしかならないそうです。
ゆえに頭が悪くなるのは神経細胞の死滅が原因ではなく
使われなくなる細胞や結合が、萎縮するためなんです。

細胞の活性化をはかるためには、新しいことをすること。
世界を「繰り返しの連続」にしないこと。

お互い頑張りましょう。

 

さて、今日は
「新世界YouTubeマーケティング  平野久信」
についてレビューします!

 

販売者 グローカル&シェア合同会社  平野久信
 住所 新潟県上越市柿崎区柿崎1730-15
電話番号 050-3572-2166
販売URL http://glocalshare.info/shinsekai-ymosp02/

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください

 

こちら、

YouTubeをプラットフォームにしたビジネスです。

YouTubeで稼ぐというと、はじめしゃちょーやヒカキンのような、
「アドセンス(広告料)で稼ぐ」というイメージですが、
こちらは「YouTubeを集客媒体として利用する」という使い方です。

簡単に説明すると、

  1. YouTubeで見込み客を集客し、
  2. メルマガに誘導し、
  3. そして販売促進。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の王道ですが、
この商材では「1.の部分を学べるようになっている」ということですね。

 

YouTubeでの集客は、

営業マンとやることが同じです。

  • 商品やサービスの特性を紹介し、
  • お客さまのニーズを満たし、
  • 高い価値を提供する

この商材は「トップセールスマンを育てるための商材であること」を、
まずは再認識していただきたいと思います。

そう改め直して考えすと、
まず商材を買ったからと言って急にセールスが上手くなるなんてことはありえない。
ということが分かると思います。

何事も「実践→失敗→考察→実行→反復」
という手順を繰り返さなければ上達しません。

得意稀な神がかった能力でいきなりトップセールスマンになる人もいるんでしょうが、
多くは上の手順を繰り返し、少しづつ腕を磨いたはずです。

 

巷の営業マンは、

自社の商品を販売するのが仕事です。
「見込み客に営業をかけ、積極的に売り込む方法」や
「見込み客へ広告を出し、反応を待つ方法」がありますが、

いずれにしても、その「見込み客」というのは
その会社が、製品を購入させるに至るプロセスを1番早くするためにターゲットとして選定した顧客層であり、
その選定した顧客層自体に価値があります。

初めからブレのない見込み客リストを持っているということです。

YouTubeで初めてセールスをかける人の多くには、
ブレない見込み客リストがありません。

お客さんの顔もイメージ出来ない舞台でセールストークをしても
上手くいくとは思えません。

 

 

また、

セールスレター内の「トーラス型ネットネディア構築」を見ても、
YouTubeでの集客は、
一連のビジネスの中のほんの一部でしかないことが分かると思います。

自身の運営するブログとの連携であったり、
ランディングページの充実度であったり、
他に抑えるべき要点がいくつもあります。

「◯◯が重要で、◯◯だけ押さえればOK!」ということはありません。
すべてのバランスと理解が大切です。

ここの理解が不十分だと、YouTubeで集客できたとしても、
ブログの出来がお粗末。見込み客の教育部分が未熟。
という残念なコンテンツになる可能性があります。

 

結論として、

初心者には上級すぎておすすめ出来ないし、
上級者には必要かどうかが疑わしい。

という曖昧な結論になってしまいました。

こちらはかなりターゲット層のせまい商品です。
誰に向けてマーケティングし、ブログやLPのキモを理解していて、
教育の要所を押さえ、最終的に誰に購入してもらうのか。
という一連の流れを把握している人向けだと思います。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA