「自己破産!株式会社プレミアバンク 真山壮」

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

今日は「自己破産!株式会社プレミアバンク 真山壮」について記事にします。

 

代表者 株式会社プレミアバンク 真山壮
 住所 神奈川県横浜市神奈川区栄町11-4
設立 2010年12月24日
URL http://premierbank.jp

 

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

 

株式会社プレミアバンク

真山壮氏とは?

「海外オプション取引で顧客の資産を運用し利益を上げる…」
と吹聴していましたが、

その実、損失を出した挙句
さらに保証金の返金もせず、
詐欺と訴えられる事案に発展していました。

 

2018年4月19日。

ついに自己破産手続き開始。

『「神奈川」 (株)プレミアバンク(資本金3500万円、登記面=神奈川県横浜市神奈川区栄町11-4、代表真山壮氏)は、東京地裁へ4月10日に自己破産を申請し、19日に破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は片山英二弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)。債権届け出期間は5月24日まで。

 当社は、2010年(平成22年)12月に設立され、有価証券、土地を中心に海外案件に投資していた。投資資金は当社発行の5年償還社債の販売により、個人投資家を中心に一部法人などから集めていた。投資物件は海外ファンドが発行する有価証券を中心に、ミャンマーやフィリピンの転売用不動産のほか、ベトナム国債、インドネシア政府保証債、マレーシアのコンドミニアムなど多岐にわたり、2016年11月期の年収入高は約8000万円を計上していた。

 しかし、従前から財務面は大幅な債務超過状態が続いていたうえ、投資案件の低迷などからここに来て事業継続を断念し、2018年3月末をもって実質的な活動を停止していた。

 負債は個人投資家を中心に債権者約270名に対し約20億円。』
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4455.html)より

被害者270人、負債が20億円とのことですが、
散々詐欺と訴えられて来た過去から、
何も学べなかったのでしょうか?

 

過去の逮捕歴。

海外オプション取引を勧誘され出資した被害者方の訴えにより、逮捕に至った過去があります。

『昨年(平成22年)7月6日にこれら6社に対して金融取引法違反容疑で広島中央警察署が家宅捜査を行いました。 事務所および幹部自宅から大量の書類等が押収されました。

平成23年7月2日 10名逮捕
   山下しょう(日偏に向)喜、北畠充治(49才)、佐藤正彦(54)、宮沢文明(46)、田中一弘(51)、
   湯本和幸(39)、山下奉機(67)、松本岳人(48)、真山壮(31)、坂本憲彦(41)』
http://hpsufferer.webcrow.jp)より

こちらは不起訴処分となりましたが、
ここで道を改め再出発していれば。
と思います。

 

出版物のレビュー

真山氏は『海外投資の教科書』という著書を出版なさっていますが、
こちらのレビューも、ひどいものです。

『いまいち。教科書というにはほど遠く、あまり内容の無い本で読む価値は低い。』

『著者の経営する会社は神奈川駅近くの辺鄙なところにオフィスをかまえる、高金利を謳った投資会社です。
いまどき、こんな胡散臭い会社に投資を任せる人も少ないと思いますが、勧誘電話をかけまくって高齢者を食い物にしてます。
私は数年前に就活してたときに、この会社の面接を受けたことがあるのですが、真山社長から直々に異常な圧迫面接を受けました。
まともな人間ではないです。
いっちょまえに本なんか出す前に、交通費と時間を返せ!』
https://www.amazon.co.jp/海外投資の教科書-真山-壮/dp/4434221620)より

詐欺罪になるのか?

争点はここになるでしょうが、
被害額とやり方の悪質さから言って、
個人的には再逮捕、懲役刑を受けて欲しいものです。

詐欺罪で懲役刑になったとしても、
刑期は「10年以下」ですから、
出所後の再犯の可能性も見えて来ます。
(今回すでに2度目ですからね)

と言っても、
負債である20億円のいくらかは、
おそらく隠して持っているのでしょうから、
再度詐欺罪を働かなくとも海外で暮らせるだけの資産があるのかもしれませんが…。

 

真山氏は、

『いいコンサルタントとはどんな人間なのでしょうか?
私が思うには、それは自分のことよりも相手のことを
思いやれる人間なのだと思います。

これは利他の精神というもの。
利他とは、自分のことよりも他人の幸福を願うこと、そんな意味があります。
私が経営者として大切にしているのは正しく利他のこころ。
もっと言えば『人』こそ、何より大切にすべきものだと考えています。』
http://jonetu-ceo.com/2014/12/23933/)より

資産を預かることについて、こうおっしゃっていました。

いいこと言うなぁと思いますし、
僕も同意見です。

この言葉が虚構であったことは、
個人的に悲しいと感じています。

自分の言ったことに責任を持ち、反省し、
被害者の方々と向き合ってくれることを祈ります。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA