「Amazonせどり管理ツール マカド」レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

腰痛もちで、鍼に通っています。
一時期は階段を降りることすら困難で、
手すりを頼りながら前かがみに、足を引きずり引きずり歩いていました。

鍼に通うようになってから、腰痛を起こす頻度が激減しました。
整体にも通っていたんですけど、鍼の方が即効性があるのでスイッチしたんですよね。

筋肉まで深く鍼を刺すので、患部に直接アプローチできるようです。
痛くないのか、と良く聞かれますが、当然痛いです。笑

腰痛以外にも、眼精疲労、ストレス(自律神経)、胃痛、喉の痛み、蓄膿症etc…
様々な症状に対応してくれるので、めちゃくちゃお世話になっています。

良ければ体のメンテナンスに、一度試してみて下さいね。

 

さて、今日は
「Amazonせどり管理ツール マカド」
について、レビューします!

 

販売者 プリモ ヘレライフエロス エドワルドオスカー
 住所 東京都大田区上池台4-33-6
電話番号 03-6421-9343
販売URL http://e-marketinglabo.com/supermailmagazine/

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください

 

こちらは、

「Amazon転売における、自動価格改定、出品、売り上げ管理ツール」です。

せどりは作業量に比例して収益が上がるビジネスですから、
とにかく回転数を上げることが何よりも大切です。

せどりビジネス1本で食べている人たちにとって、
労力を減らすことも重要な仕事の1つですから、
こういった管理ツールを導入することは、いわば「当たり前」
になっています。

「売れる、売れない」の判断を人間がするとなると、
そこにはかならず「感情」が入りますから、
これが「不良在庫」を生み出し経営を圧迫する原因になることがあります。

感情をさし挟むことなく、ツールに任せるところは任せる。
これが重要なポイントです。

 

ただし、

「ツールに任せるところは任せる」
この裁量は初心者には難しいんです。

経験を積んでいると、
「この仕入れ値は、この先さらに下がりそうだから今仕入れるのはやめておこう」とか
「今この商品は、Amazonで今後プレ化出来そうだ」とか
せどりにおいて有効な、その場での判断が出来るようになります。
「勘が働くようになる」ということですね。

しかし、ツールにのみ依存したビジネスをしていると、
自ら情報収集する機会が激減するため、
せどりをする上での知識や経験値を積むことが困難になります。

これは、せどりで収益を上げるための大きな足かせです

 

さらに、

ツールには不具合が付き物です。

ツールに依存したビジネスをしていると、
そのツールに不具合があった場合、こちらの作業に即影響していまいます。
マカドを使った出品しかして来なかったなら、出品作業すら滞ることになるでしょう。

そもそもAmazon転売は、薄利多売が原則ですから、
1つの作業が滞るだけでそれが引き金となり、
赤字連発…なんてことが十分にあり得るのです。

ですから、マカドは便利な面も多いですが、あくまでもツールとして
客観性を持ったまま見ることが必要です。

 

プロマーチャント契約が必須

マカドの月額使用料が5,000円弱、
そして、マカドを利用するための必須条件である、
Amazonとのプロマーチャント契約(大口出品)料が、5,000円弱。
合わせて最低月額10,000円のランニングコストがかかります。

Amazonは薄利多売が原則ですから、
平均利益200円とかで運営している人は、ザラにいます。
こういう人たちにとって、51個目からしか利益が出ない、
という状況が続くのは、非常に大きな精神的負担ではないでしょうか?

マカドは買い切りではなく月額課金制ですから、
当然、ランニングコスト面でのしっかりした計画が必要です。

 

これらの理由から、

ツールを使った運営を始める前に、十分な修行期間を設けていただきたいと思います。

その上で、管理ツールを使用した方がより収益を上げることが出来る、
と確信したときに、初めて導入するようにしましょう。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA