「BUYMIL/鈴木英広」レビュー

 

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

今日は「BUYMIL/鈴木英広」
についてレビューします。

 

販売者 株式会社ECDMマーケティング
住所 京都府京田辺市河原御影30-26伊藤ビル3階
電話番号 050 – 5806 – 9421
販売URL http://kir020233.kir.jp/BUYMIL/buymil02.htm

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、
場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

 

こちら、

バイマをプラットフォームに稼ごうという
無在庫転売ノウハウ商材です。

まず、
無料版の提供(という名の顧客リスト収集)が
終わっています。

秘密の過去最高のツールと言うから、
欲しかったのですが。

確かに販売は2013年なので、
終わっていてもおかしくないですが、
なら項目を消しておいて頂きたいですね。

 

バイマに参入、もう遅い。

と僕は思っています。

確かに2013年時点の日本人参入者は少なく、
早々に参入し荒稼ぎしたせどらーは多かったと言えます。

2018年現在、
全国でセミナーなども開催されるようになってから
参入者がドッと押し寄せ、

参入者はすでに数万人。

これは、BUYMA参入後発組にとって、
厳しい市場です。

稼いでいる人は、
独自のルートを見つけ仕入れ出品し、
すでに荒稼ぎしています。

海外在住の人たちはその利を生かし、
すでに活躍しています。

そんな競合ひしめく市場で利益を出し、
勝つのは厳しいと言わざるを得ません。

 

そもそも、

転売でひと稼ぎしようと本気で思うのならば、

プラットフォームは
バイマに限定すべきではない。

転売先は、

  • Amazon
  • 楽天
  • メルカリ
  • ヤフー
  • eBay

etc…

様々あるのに
なぜ売る先を限定的にする必要があると言うのか。

SHARPが、
「ヤマダ電機にしか商品を卸さない」
と言ってるようなもんです。

 

しかし、販売者が、

なぜ
「バイマで売れ」
「バイマがいい」

とそんなに熱烈にアピールして来るのかって、

そりゃ無在庫転売OKだからですね。

確かに
不良在庫を抱える心配がないのは
良いことですが、

これ、
デメリットを補うほどのメリットじゃありません。

むしろ僕が転売をしていた時期は、

検品を行えないリスクの方を強く感じていました。

バイマの場合、
カスタマーサービスの対応が悪いことで有名です。

検品できなかったことで
偽造商品や欠陥品を受け取った購入者は
当然返品やクレームを訴えることになりますが、

これ、現在はバイマの手が追いついていません。

参入者が突然爆発的に増えたからでしょうね。

バイマで対応してくれない限り自分でやるしかないですが、
クレーム処理、返金処理、返品処理というのは
出品する何倍も労力を要します。

対応できず、訴訟にまで発展したケースさえ。

1度経験すると良く分かるのですが、
返品返金処理というのは非常に面倒です。

最初からシッカリ検品しておけば良かったと
何度思ったことか。

 

販売から5年。

「稼げた!」

「このツール、優秀!」

ステマ以外で見たことがあるでしょうか?

僕は見かけていません。

5年ですからね、
ライバルを増やしたくないという、
競合意識や購入者心理を鑑みても

もうおかしいでしょう。
お察しです。

同様のことが過去鈴木氏が販売して来た
似たような商材にも言えるでしょう。


http://buyerscompass.jp/LP/)より

 

http://entreacademy.jp/special/)より

鈴木氏の起業家アカデミーのレビューはこちらです。

と、いうことで
販売からだいぶ時間が経ってからのレビューになりましたが、
僕としてはおすすめしません。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA