「GOD EXPORT SCHOOL 神業輸出ビジネススクール」紙直樹 レビュー

こんにちは、

音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

 

僕の趣味はいちおう筋トレ、と思われているのですが、

実はスキで続けているわけではなく、

ヘタに1度筋肉を付けてしまったがゆえに、再びそれを失う恐怖に打ち勝てないだけ。

 

という非常に消極的な理由だということを、周りに言い出せずにいます。

僕をアグレッシブな肉食系キャラと言わないで。

 

さて、どうでも良い話なので置いておきます。

今回は、インフォカートで30日間第2位の

「GOD EXPORT SCHOOL  神業輸出ビジネススクール」について、レビューします!

販売者 合同会社グローバルエンタープライズ  紙 直樹
 住所 東京都千代田区神田淡路町2-10-14 ばんだいビルB1F
電話番号 03-5577-5147
販売URL http://ges.god-inc.jp/2017/lmtd.html

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

まず、印象的なのはセールスレターから何の情報も読み取れないことです。

 

ウリが「◯◯するだけ」「業務をこちらが肩代わり」なので、

ターゲット層はネットビジネス初心者であることは間違いないはずです。

 

しかし、ネットビジネス初心者にとって大切なのは、

・出来そうだと感じること

・稼げるイメージを持てること

・結果が出やすいこと

・仕組みを理解しやすいこと

この4点ですね。

 

これらが一切読み取れないセールスレターは、ちょっと不親切すぎるなぁと感じます。

 

そもそも、せどりについての有益な情報というのは、

流布されないのが当然という前提です。

 

なぜなら、せどりとは

①競合を避けながら、

②利益の出そうな商品をリサーチし、

③それを安く仕入れ

④さらに高く売る

これしかないからです。

 

②も③も④も、①に集約します。

競合を増やすことは、すなわち自分の取り分を減らすこと。

 

紙氏が本当に月600万のせどり収入があり

この商材を買うことで消費者みんなが「稼げるようになる」ならば、

紙氏にとって、結果としてこの商材を売らずにビジネスを続けた方が、有益のです。

 

せどり経験者からすると、

このテの商材は、そういう前提で見てしまうのが常識です。

なのに、何も読み取れないセールスレター。

導き出される結果は、1つだと思います。

 

そして…

「リサーチ不要」もこの商材のウリですが、

絶対ウソです。そんな商売ありません。

 

せどりの利率は一般的に30%と言われますが、

紙氏の勧めるAmazon輸出には、常に手数料として15%必要です。

 

ゆえに、Amazon輸出で相応の利益をあげるためには、

①数万個という膨大な量を出品する

②利益率の高い商品を出品する

どちらかになります。

 

必然的に②を選択することになるでしょうが、

これも利益の出やすい商品を探すため、

常にアンテナを張っていなければいけないワケです。

 

リサーチ不要はあり得ません。

 

と、いうことで、僕はこの商材はオススメではないと思います。

 

というか、せどり自体、もうあんまりおすすめしていません。笑

長くなりましたので、その辺りのお話は、またの機会に。

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

 

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA