『メルマガマスタープロジェクト The 7th Marketing Club5 奥村明久』レビュー

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

現Macの寿命が来ました。
もうマトモに仕事が出来ません。

いつ、あの恐ろしいレインボーカーソルが止まらなくなるかと思うと、
記事にも作曲にも集中できません。

で、今Macの買い替えに奔走してますが、理想機種に出会うことの難しさよ…!
HDDじゃなくてSSDがいいな、とか。
ストレージは700GB以上欲しいな、とか。
メモリは16に差し替えられるモデルでcorei7が理想…

というか、Mac好きなんだけど、拡張性下げ過ぎでしょう。
なによサンダーボルト2穴だけって。
USB挿せないじゃないのよ。んもう。
ディスクドライブもなけりゃSDカードも挿せないなんて、あれこれするのにいちいちハブだとか外付け使うなんて、ゴテゴテして嫌よもう。

それは勇気と言わずに、無慈悲と言うのよAppleさん。

という、好戦的なオカマ性が全面に出てしまうレベルで拡張性を省いて来てます。

もう古い機種買って自分でハイスペックにしようと結論を出しているんですが、
古い機種に15万もかけるの嫌なんですよ。だって古いんだもの!

なんとなく腑に落ちないままPCの買い替えを進めている僕ですが、
今日は『メルマガマスタープロジェクト  The 7th Marketing Club5  奥村明久』
について、レビューして行きたいと思います。

まったく困っちゃうわ。

販売者 株式会社ミスリル 小林 憲史
 住所  岡山県岡山市北区富田町1丁目8-8 エグゼビル2F-B号室
電話番号 086-239-3032
販売URL http://www.7th-club.jp/5th/

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

 

こちらは、
メルマガ系商材です。
メールマガジンを発行して商材を売り込む手法です。

 

僕、いつも思うんですけど。

セールスレター内に実践者の口コミを載せるって、
信憑性を獲得するために非常に有効な常套手段なんですけど、すげー嘘が多いんですよ。
いわゆるヤラセ。

例えばです。
このレター内に登場する「悠木はしこさん31歳」
ググれば即ヒットしそうな特徴あるお名前にも関わらず、1つも情報が出て来ない。
メルマガ配信している形跡がない。
ググって出て来るのは「ゆうきゆう先生」です。さすが。

もう1人の自称実践者「島美鈴さん34歳」
こちらも特徴ある名前なのに、出て来るのは「金子みすゞ」大先生です。こちらもさすが。

ほんとに月89万稼ぐほど読者数を集めたメルマガ配信者なら、ググれば即効ヒットするはずなんですよ。

配信している名前が違うんじゃないかって意見もあると思いますけど、
そうする意味がありますか?

むしろレター内の名前どおりにした方が、彼女たちにとっての集客になりますし、奥村氏にとっても信憑性を高められるんですから、

互いにWin-Winなんです。

つまりこのレター内の彼女たちはおそらくメルマガを配信していないんでしょうし、月89万稼いでるって話も、嘘なわけです。

 

商材内容はメルマガアフィリなんですが、

集客の場は自身のパワーサイト(ブログ)ということですから、
結局ブログ作りに労力の大半使うことになるわけで、
その構築には平均3ヶ月~半年かかりますから、
サポート期間が半年では足りなくなります。

しかもこれだけのボリュームですからね。
初心者スタートの半年間では表面上なぞるだけで精一杯でしょう。

となると、パワーサイトをある程度自力で作ってからの参加が有効ってことになるわけですが、
自分のパワーサイトを作りながらメルマガ配信しつつ、あれこれ試行錯誤していると、

半年後には、ここで教えてくれることの7~8割は体感で理解できている状態になっています。

もちろん足りないところは情報収集しつつ工夫して行くわけですが、今の時代必要な情報はネットでタダで拾えますからね、25万もかける理由が見当たりません。

予言ですが、今からパワーサイトを作るとして、半年後のあなたは必ず言うと思いますよ。
「テンプレートなんて役に立たない」と。

だって自分に置き換えたら分かるでしょう。

テンプレ通りの量産型ブログやメルマガのファンになんかならないし、そこから物を買ったりしないですよ。

 

 

DRMの基本的な流れは…

10年前から流行りだしたDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)ですが、
流れを簡単に言うと「集客→教育→販売」です。

この商材だと、集客のあとの「教育」の部分が薄いです。

見込み客が欲しくなる商品とは、
「自分の悩みを解決してくれそうな商品」
です。

そのためには
悩み解決までのプロセスを具体的にし、説得する。
このスキルが必須です。

付け焼き刃の心理的ライティングやコピーライティングで
人の心を動かしたところで、その人を本当に喜ばせることは出来ません。

売るコンテンツはどうするんでしょうか?
本物の商材を見極める目を養わないまま無責任に商材を売りつけるやり方は、
まったくもって推奨できません。
そんな売り方、モラルがないよ。

 

結論として…

詐欺商材ではないです、悪質でもないです。
ないですが、別段25万出して買うレベルの商材ではありません。

 

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA