僕なりの考察。「世界幸福度報告書」

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

さて、3/14付けで「世界幸福度報告書」の調査結果が出ましたね。

国連の関連機関がまとめる「世界幸福度報告書」の
2018年版が14日、公表された。

各国の人々に尋ねた幸福度の順位で、
日本は156カ国・地域中54位となり前年より三つ下げた。

報告書の発表は12年に始まり、18年版が6回目。

 調査は、各国で毎年1千人程度に
「今の幸せは0~10の段階でいくつか」と尋ね、
国ごとの過去3年の平均値を算出して発表している。

「幸せの内訳」として、
国内総生産(GDP)などの指標や
「困った時に頼れる人がいるか」
「選択の自由があると思うか」
などの質問の答えから、
その数値となった要因の分析も試みている。

 今回の発表は15~17年分が対象で、
日本の平均値は5.9だった。

高福祉・高負担の北欧諸国が7を超えて最上位に位置した。
30位までの多くは欧州各国や中南米の国々。

アフリカ諸国は3~5の値が多く、下位に位置していた。

 08~10年のデータと比較した平均値の変化も公表され、
日本はほぼ横ばいだった。
1ポイント程度の大きな伸びは東欧の国で多く、
中国も約0.6ポイント上がった。
米国は約0.3ポイント下がった。

ロシアによるクリミア半島併合があったウクライナ、
内戦が起きたシリアやイエメン、
政治的混乱に陥るベネズエラなどで、
1ポイント超の大きな下落があった。

国際機関の幸福度指標づくりに関わってきた
世界平和研究所の高橋義明主任研究員は
「主観の調査なので文化の違いが影響する」と指摘する。

 高橋氏が日本、コスタリカ、オランダ、フィリピンについて、
同種の「幸せ度」を尋ねる調査をしたところ、
国連調査で上位のコスタリカでは「10」と即答する人も多く、
日本は「5」を基準にして、
差し引きを考える人が比較的多かった。

こうした「答え方の文化」の違いも加味して分析すると、
日本はコスタリカやオランダに近い値になったという。

国連幸福度調査の順位

1 フィンランド
2 ノルウェー
3 デンマーク
4 アイスランド
5 スイス
6 オランダ
  …………
18 米国
54 日本
59 ロシア
86 中国
  …………
154 南スーダン
155 中央アフリカ
156 ブルンジ

https://digital.asahi.com/articles/ASL3G5GWCL3GUHBI01Y.html?rm=369#Continuation)参照

この発表に対し、

「日本は他国に比べ恵まれた環境であるから幸せだ、
幸せである事に無知なだけだ、
こんな調査に意味はない。」

という意見が目立ちます。

確かに日本は経済的に安定し、
安全性の高い国ですが、

「お金がある」とか「住んでいる家が広い」とか、
こういう客観的幸福度よりも
「交友関係にストレスがない」とか「将来の不安なく生活出来る」とか
そういった主観的幸福度が低いという事です。

記事の通り、「考え方」が
文化的あるいは歴史的要素に影響を受けているのは当然ですね。

日本人は愛国心を育てるような教育は受けていませんし、
自虐的とも言える史実を学び続けたため
文化として自尊心が育っていないのは現実です。

物質的に不足し、
インフレが起こり、
マフィアが存在し、
人種差別が露骨にある国が
日本よりも幸福度上位にいるのは
確かに客観性に欠けると言えば欠けるのですが、

「他国と比較して日本人である事が幸せか?」
という質問と
「自分が日本に生まれて幸せか?」
という質問では、
意図するところが全く違います。

これは論点のすり替えでしょう。

確かにこの調査を参考にして、
日本人が北欧などの幸福度上位国に移住したからといって
幸福と感じるか否かは分からないのですが、

本来の論点はそこではなく、
今の「政府や政策への信用度の低さ、腐敗度の高さ」が招く、
現在の不安定感や将来の不安感、緊張感。
ここです。

北欧諸国の幸福度が高いのは
自国の文化への誇りと
高福祉保障がもたらす国民の安定によるものなんでしょうが、

日本の未来にイメージ出来るのは、
「低福祉・高負担」という北欧の真逆を行くものですから、
主観的幸福度が低くなって当然です。

さらに、
「労働しなければという強迫観念が強すぎる」とか
「1日の労働時間が12時間である」とか
「残業が当然、残業しなければ家族を養えない」とか

「年間通して長期の休暇が少ない」とか
「有休消化が政策通りには進められない」とか

これが平均的労働者の実態であり、
さらに言えばこの労働環境以下で働く労働者も多いわけですから、

これで幸福度を高めたいと思ったところで、
方法すら分からない、土台無理な話です。

そもそも、幸福というのは

「周りと比べ、自分の立ち位置が上、または中庸である事」

この価値観で得られる場合が多いのですから、
その「周り」に遠い他国は含まれません。

 

 

自国の発展を目指した結果…。

労働強制観念に縛られ、
労働時間が長く、
政策ミスの煽りで高負担を強いられ、

家庭内問題に悩まされ、
友人を作る壁は高く、
恋人を作ったり会ったりする時間も少なく、
近所での人間関係は冷え切っており、

マウントを取り合い、
無言の牽制をし合い、
気に入られなければ虐げられる可能性が高く、
人から施しを受けるほどではないが豊かでもない。

この状況が一般である社会で
高い幸福度を維持できるはずがないんですね。

この記事の締めくくりには悩みますが…
幸福が

「友人と会い、
恋人と気ままに出かけ、
家族を大切にし、
近所の人とは他愛なくお喋りの出来る間柄で、
金銭のあるなしでは自分を含め人を評価しない風潮」

と仮定すると、この幸福は
「日本が目指して来た方針にそぐわず、
むしろ方針こそが幸福度の低さを招いた」
と言えると思います。

このままの方針でどこまで進めるつもりなのかは定かではありませんが、
転換期である事はニュースを参考にしても明らかですね。

という事で皆さん、選挙には行きましょう。

 

今日はここで締めさせて頂きます。
ここまでお読み頂きまして、ありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA