僕なりの考察。「”先見力のある人”はマンガやラノベが好き」

 

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

今日は興味深い記事を見付けたので、共有します。

 

“先見力のある人”はマンガやラノベが好き

「コミック」VS「思想書」先見力のある人がよく読むのはどっち?

われわれの研究グループでは、
アマゾンのブック・レビューに基づく先見力のある人物とない人物の特徴分析という研究を行っています。

この研究では、
評価の趨勢が時がたつにつれて大きく転換した書籍について、
転換期よりも前の時点でその書籍のレビューをしているレビュアのうち、
転換後に趨勢となる評価(星の数)のレビューをしていた人を先見力がある、逆に転換後に劣勢となる評価のレビューをしていた人を先見力がないと定義しています。

たとえば、
2011年に出版された武田邦彦著『2015年放射能クライシス』(小学館)
という本には、
2015年には放射能で日本に住めなくなると書かれています。

出版当時は大きな支持を受けましたが、
2015年が近づきその予測が間違っていることが明らかになると、
低評価が趨勢になりました。

武田氏を支持(高評価)していた多数派に惑わされず、
早い段階から正しい判断を行っていた人を、
先見力のある人と定義するわけです。

図1は、先見力のあるレビュア、
先見力のないレビュアのそれぞれについて、
アマゾンでレビューしていた商品をカテゴリごとに集計し、
それを割合として示したものです。

ここでクイズです。

図1の上の円グラフと下の円グラフ、
どちらが先見力のあるレビュアのものでしょうか?

 

この答えは、多くの人の予想に合致していると思います。
上が先見力のある人、
下が先見力のない人の分布です。

先見力のある人の方が本をよく読み(正確にいうとレビューし)、
先見力のない人はDVDをよく視聴する傾向が見て取れます。
これはある程度予想可能な結果だと思います。

予想外に目立っているのが、
先見力のある人が洋書をよく読んでいることです。
レビューした商品の5%が洋書というのは、
かなり高い割合です。

ちなみに、先見力のない人の場合、0.2%でした。
やはり、外国語を自分で直接読んで情報をとれることは、
先見力を養うことに貢献するようです。

次に、対象を本(洋書を除く)に限定して、
レビューしている本のジャンルの内訳がどうなっているかについて
見てみましょう。
それを先見力のあるレビュアとないレビュアについて
グラフにしたのが図2です。

ここで再度クイズです。

図2上の円グラフと下の円グラフ、
どちらが先見力のあるレビュアのものでしょうか?

 

正解は、上が先見力のあるレビュアです。
先見力のある人はコミック、ラノベ(ライトノベル)を含む
フィクションをたくさん読んでおり、

先見力のない人は
人文・思想書、ビジネス・経済書、科学書などをよく読んでいます
(なお、このグラフの文学・評論の
カテゴリに入る本のほとんどは小説です)。

何のヒントもなくこの2つのグラフを見せて、
どちらが先見力のある人が読む本かをクイズとして出すと、
ほとんどの人が
下のグラフが先見力のある人がよく読む本だと答えます。

こういう人間の直感を裏切る事実を発見する喜びを味わえるのが、
研究の醍醐味です。

マスコミに流される人は先見力がない
この研究には続きがあります。
先見力があるレビュアとないレビュアの
レビューの文章自体を機械学習にかけ、
それぞれどのような言葉を多く使う傾向にあるかを分析しました。

その結果、表1に示すとおり、
先見力のあるレビュアのレビューには、
「作者」の「自己」満足、分かり「にくい」、「新しい」切り口
といった本の内容に関する分析や、
「最初」の一冊におすすめ、「十分」、不「十分」といった
他のユーザーへの推薦に言及したものが多く見られます。

一方、先見力のないレビュアについては、
「テレビ」化した本、
「メディア」や「テレビ」に出ている著者
といった、
マスコミの権威に流されていることを示す表現が目立ちます。
http://president.jp/articles/-/25261)より

 

下のグラフが、

「先見性がある」と分類される人々の分布だと
僕も思いました。

面白いですねー。笑

まぁただ、
1つ2つ言わせてもらえば、

・先見力についての定義付けが甘いこと
・年代別統計が欲しいこと

ですかねー。

 

先見力についての定義付けが甘い。

『早い段階から正しい判断を行っていた人を、
先見力のある人と定義する』

とありますが、
判断が正しいか否かは研究チームが行なっているので、
必ずしも「正しい」とは言い切れません。

例の武田氏の
「2015年には放射能で日本に住めなくなる」
になぞって言うと、

先見性のあるレビュワーとは、
「時期が違う」と否定しているのか。
「内容が違う」と否定しているのか。

これによっても、大きく差が出るはず。

さらに、2015年というのは外れたけれど、
それが2020年になったら当たっているかもしれない。

こうなったとき
「武田氏の意見は外れていた」と判断する人は少ないでしょう。
むしろ、時期はズレたが当たっていた、と思うはずです。

ゆえにレビューが正確であるか否かの判断が
非常に曖昧であると言わざるを得ない。

 

年代別統計が欲しい。

そもそも先見性のある中年はヒマじゃないから、
レビューしていない。

先見性のない中年はヒマだから、
レビューする。

先見性があろうがなかろうが、
若者には時間があるから、レビューする。

こうなると、
年代分けせずに統計を取ると、そりゃ

若者が良く見るジャンル(マンガ、ラノベ)が抽出されて当然。
となりますね。

先見性を持った忙しい中年のレビューを足して、
年代別統計を取ったらまた変わるんでしょうが、
そんな事は不可能ですので、
正確な調査結果を出すのは極めて困難ですね。

 

なーんて、

本来、
このテの調査に正確性を求める方が、無粋ってもんです。笑

今日話す話題の1つになるじゃーん!
ってな感覚で見ておいて下さい。

面白いことに変わりはないからね。

 

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA