訪問販売 点検商法/詐偽

 

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

 

友人が詐欺にあいました。

浄水器の訪問販売です。

 

「マンションの管理会社から
水質点検を委託されている」
と吹聴し、
水質検査の結果(当然悪いもの)を示します。

「1ヶ月間の無料貸与期間をお付けしますから。」
と、高額浄水器の購入を勧められました。

金額は15万円です。

普段この友人は、
商品の契約を突発的にしたりするタイプではなく、
慎重に物を考え品物を購入するタイプですから、
驚きました。

「1年で元が取れる」
「管理会社と提携していることから、
このマンションの住人には特別価格で提供している」
「設置料金は無料」
「同じ階のマンションの住人が、
すでに何人も契約している」

他にも色々と言われたようです。

その場で契約、
ご主人の帰宅後、管理会社に連絡、
点検の指示も提携もなかったと言われ、

詐欺が発覚、
クーリングオフの手続きとなりました。

 

浄水器の押し売りだけでなく、

点検商法にも気を付けて下さい。

自宅に「浄水器フィルターの点検に伺います」
と言う電話があったので、翌日来てもらった。

業者は浄水器を点検していたが、
フィルターがだめになっており、
フィルター交換が10年間不要な機種があると言って新しい浄水器を勧めた。

既に浄水器を設置していたが、
フィルター交換のたびに費用がかかることを思い、
勧められた浄水器を契約することにしたが、
30万円もする。

クレジットでは金利が高いと言うことだったので、
現金で1万円払い、
3日後残金を取りに来ることになった。

業者が帰ってから、
高額な買い物をしたことを後悔した。

下取りすると業者が持っていった浄水器は
大手メーカー品でまだ1年しか使っていなかった。

http://kccn.jp/zireijosuiki.html)より

 

点検商法の対象になりやすいもの

点検商法の対象になりやすいものは主に次の通りです。これを覚えておくだけでも点検商法に遭った際に
「きな臭いな」と感じられる可能性がありますから、
ぜひ確認してください。

 

手口は様々。

  • 調査の名目で「器具の取り替え」や
    「修繕費」として多額の請求をして来る。
  • 点検後に、
    悪質なリフォーム工事を強要して来る。
  • 調査として上がり込んだ邸宅内で、
    金品を盗む。
    個人情報を聞き出す(口座番号やカード情報)。
  • 「光熱費の削減ができる」と謳い、
    オール電化システムや太陽光発電システムを
    不当に高い金額で契約させる。
  • 株式を販売するからと言い、投資を要求する。

詐欺師たちは、
「東京電力」「水道局職員」「管理会社の子会社」
などと言って信用を得ようとします。

ニセの社員証も使いますし、
有名企業の架空の部署を作り、名乗ります。

 

無料点検は、

すでに怪しい。

「無料で点検します」と言われても
ドアを開けるのはやめましょう。

そして、どんな条件であっても、
こちらが金銭を支払うような話になったら、
お引き取り願いましょう。

その場で契約するのが1番まずいですから、
必ず1度は時間をあけて、
業者の示した情報に嘘がないかの確認をして下さい。

 

訪問販売は、

クーリングオフが可能です。
契約書や販売方法に不備がなければ
その期間は8日間となりますので、
慌てず、速やかに対応しましょう。

相談先は
「消費者センター」
「#9110」
が適切です。

金額が大きく、お金が返って来ないトラブルの際は
弁護士に相談が賢明です。

自分は引っかからない、と思わず
常に危機感を持って訪問業者には対応するようにして下さい。

 

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA