CoinCheck 出金の目処立たず。金融庁のガサ入れ予定。

こんにちは、
音楽クリエイター兼ネットビジネス家の、さいとう直です。

仮想通貨の時事が現在非常にホットです。汗

 

※当サイトは、掲載している情報について十分に精査確認しておりますが、場合により情報が間違っている、古い可能性がございますことを、予めご了承ください。

 

先日CoinCheckで

仮想通貨の突然の取引停止によって
顧客たちのパニックを引き起こした
「NEMが580億円ほど不正に出金された問題」ですが、

『ネム技術の発展を推進するネム財団は、国内の仮想通貨取引所大手のコインチェックから約580億円のXEMが流出した事件を受け、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始し24~48時間以内には稼働を開始できると述べました。

Inside NEM の投稿によれば、プログラムは流出資金にタグを付けて追跡可能とするもので、財団は既に各取引所に対して、持ち込まれた資金に付けられたタグをどのように判別するか説明を行ったとのこと。一方で、非集権的なブロックチェーン技術をベースとしたものであることから、財団として資金を凍結することはできず、各取引所が持ち込まれた資金を判別して取引を差し止めるという形になります。

「盗まれたお金を取引所を通じて外に持ち出すことはできません、これは良いニュースです。このニュースは是非シェアしてください。史上最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものです。」

「事件は取引所に大きな教訓を残しました。取引所はどのようなコインを上場させるか選べます。全ての取引所はネムのチームがコインチェックに対して行った強力なサポートを見るべきです。これは、リーダーシップ、イノベーション、そしてセキュリティがいかに仮想通貨の未来にとって必要かという一例でした。」

「コインチェックの事件は仮想通貨を破壊する可能性がありました。しかしコミュニティとコインチェックのチームは最初から最後まで完全な透明性を担保し、このような恐怖に打ち勝ちました。勝者はハッカーではなく我々です。」
一部、事件を受けXEMのフォークを求める声もありましたが、それについては否定しています。
ネム財団は本件についてのインタビュー動画をすぐに公開する予定だとのこと。盗まれたXEMをトラッキングできていることは朗報ですが、果たして取り戻す実効的な手立てがあるのか、続報が入り次第お伝えします。』
https://coinbusiness.jp/n/n127fcf2a3e99)より

現時点でも具体的に取り戻す具体的な方法はありません。
別の通貨に換金されていないという情報も本当なのか…。

というか、不測の事態を想定して、
先にこのようなシステムを作っておいてよと思うのですが。
(ほんとに1〜2日で作れるのなら)

 

金融庁もCoinCheckに対し、

『インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、金融庁は、会社のセキュリティー対策が不十分で経営管理の体制に問題があるとして、29日にも「コインチェック」に対し業務改善命令を出す方針を固めました。

仮想通貨の大手取引所「コインチェック」が、今月26日、不正なアクセスを受け、およそ26万人の顧客が預けていた「NEM」と呼ばれる仮想通貨がその時点のレートで580億円に相当する分、流出しました。

事態を重く見た金融庁は、「コインチェック」に対し、巨額の仮想通貨が流出したいきさつやセキュリティー対策の実態などについて説明を求め、28日、会社から報告書の提出を受けました。

その内容を精査した結果、金融庁は、流出の原因究明がいまだにできていないことに加え、不正なアクセスに対するセキュリティー対策や顧客への対応が不十分など経営管理の体制に問題があることが確認できたということです。

このため、金融庁は「コインチェック」に対し、29日にも法律に基づく業務改善命令を出す方針を固めました。

今後、金融庁は会社に対し、原因究明や再発防止の徹底のほか、被害を受けた顧客への返金を確実に実行していくよう厳しく求めていくことにしています。 』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011306391000.html)より

なんという恐怖感を煽る書き方…。
今後さらに業務停止処分食らったら1発アウトって事です。
資産がパー。
しかもこの段階でも当然出金不可という生殺し状態。

 

やっとこCoinCheckのTweetで…

『数日中にも再開に関する見通しをお知らせいたしますため、
今暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。』

https://twitter.com/coincheckjp/status/958344290442162177

つって今「2/2」(早朝)です。
動きなしです。

全然見通しが立っていない!!

 

当然、被害者団体の結成が。

『取引所大手コインチェック(東京)で仮想通貨が流出した問題で、顧客らが早期の返金や出金を求める「被害者団体」の結成を進めていることが1日、分かった。3日に都内で団体設立に向けた会議を開く。当初の参加者は数十人の見通し。今回の問題で、利用者が集団でコインチェックに交渉を求める動きは初めて。被害に遭ったのは約26万人だが、資金を引き出せなくなった顧客を含めると対象は全国で数十万人以上いるとみられ、規模が広がる可能性がある。

コインチェックに預けたまま引き出せなくなっている利用者の資産や流出した仮想通貨「NEM(ネム)」の返却、返金に向け、顧客同士での情報交換や、コインチェックとの交渉方針などを話し合う予定。 』
http://www.sankei.com/economy/news/180201/ecn1802010036-n1.html)より

現在、CoinCheckの対応が非常にずさんです。
電話も繋がらない、メールも出来ない。
公式ブログも一時停止状態。
資産ロック状態に対し納得の行く説明もなし。
(返すという口約束のみ)

とにかく出金できるようにしろ、と。

 

CoinCheckに金融庁より立入検査。

『仮想通貨の大手取引所、コインチェックから580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、金融庁は、顧客の補償に充てる資金が十分にあるのかなど会社の財務内容を早急に調べる必要があるとして、コインチェックに対し2日にも立ち入り検査を行う方針を固めました。

この問題で金融庁は、外部からの不正なアクセスで580億円相当の「NEM」と呼ばれる仮想通貨が流出した大手取引所、コインチェックに対し先月29日、原因の究明や顧客への速やかな返金、再発防止策の徹底などを求める業務改善命令を出しました。

関係者によりますと、金融庁は、コインチェックが460億円にも上るとされる顧客への補償を自己資金で賄うとしていることについて、その根拠を早急に確認したいとしています。
このため金融庁は、補償に充てる資金が十分にあるのかを把握するため、コインチェックに対し2日にも立ち入り検査を行う方針を固めました。
この中では、コインチェックが会社の資金と顧客から預かった資金とをしっかり分けて管理しているかどうかいわゆる「分別管理」の実態など会社の財務内容を詳しく調べることにしています。
またセキュリティー対策や顧客への対応状況などについても確認します。

金融庁はコインチェックに対し、業務改善命令を受けた対応策を今月13日までに提出するよう求めていただけに、今回、報告を待たずに立ち入り検査を行うという異例の措置をとることになります。

今回の問題でコインチェックは「NEM」以外の仮想通貨も含めて売買や出金を停止し、原因の究明を進めていますが、流出から1週間がたつ今もなお、顧客への補償の時期やサービスを再開するめどが立っていません。 』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312381000.html?utm_int=news_contents_news-main_003 )より

この発表があったのは
2/2の1:46です!

こんな時間にガサ入れ発表…。
内部リークを受けての事かと当然疑います。

 

というか、

顧客からの「預かり資産」総額や、
相場下落による「資金補填金額」
そして「返金可能な額」なんて、

即計算できないんでしょうか?

返金方針を立てて説明するのが遅すぎます。

このままでは、相場の下落も続き補償額も上がる一方でしょうし、
信用も失う一方なのでは。

対応を期待します。すでに1週間も経過しているのだから。

 

また随時報告します。
ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

直接相談、商材レビュー依頼、承っております。

こちらから、お気軽にご連絡ください。

お名前

メールアドレス

ご用件

ご内容

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA